サイドキック【完】

序章








あれ、どうして。

どうしてこうなったんだっけ――、






「……ユウキ」

「っ、」

「お前――」







「女、だったのか」









目の前で真直ぐな視線を寄越すのは、酷く見覚えのある端整な顔立ちの男。

そいつがぽつり、と。そんな言葉を落としたのと同時に、私の中の何かが脆くも崩れ去ってしまった気がした。








0
  • しおりをはさむ
  • 532
  • 330
/ 404ページ
このページを編集する