サイドキック【完】

第五章 /act.17







「稜、じゃ俺仕事行ってくるけど……」

「あ!はい」

「ユウキのこと、頼むな」



昴さんと稜さんの話す声音が耳に届くものの、私は何の反応も出来ずに居た。






ヒロヤがあの場に残ってから既に3日。

スマホは電源が切れているらしく繋がらないし、どうにもこうにも連絡の取りようが無い。



「―――ユウキさん…、」





昴さんを見送ってきたらしい稜さんがリビングに姿を現す。

今年で19歳、短大に入学したらしい彼女。

それこそ昔からの付き合いではあったものの、あの頃は深く追求することもなくて。稜さんが私よりも三つ年下だと知ったのは、ここにお邪魔してからだ。









「ごめんなさい、長々と居座ってしまって……」

「そ、そんなこと言わないでください!当たり前じゃないですか、困ったときはお互い様でしょう?」

「………、稜さん」



何年かの歳月を隔てて再会した彼女は尚も美しく、そして可憐だった。

あの頃にも通じるものはあったものの、歳の割に酷く大人びた風貌は相変わらずで。

まさか年下だとは思いもしなかったから、初めて聞いたときはそれこそ目が飛び出るかと思ったほどに。






0
  • しおりをはさむ
  • 537
  • 336
/ 404ページ
このページを編集する