サイドキック【完】

後日談 /友人の場合






* * *



『結城興業社長の娘である結城香弥さんと、今日を以て婚約します』




テレビから流れてくる声音を何気なく耳にしつつ、今までも続けていた会話の続きを口にする。

駄目元で香弥にも連絡を入れておいたけれど、やっぱり来られなかったみたい。

眠気眼を擦りながらもなんとか視線を上げていれば、そんなあたしの耳に信じられない言葉が飛び込んできて。



「はぁ!?ねぇッちょっと!!」

「あだっ」

「これこれ!寝てる場合じゃないって!!見てよテレビ!!」




「これって、大学いたときの香弥じゃない!?」






集まっていたのは同期のゼミで仲の良かった三人。あたしも含めて。

これにプラスして香弥が居れば、もう完璧だったのになぁ―――……って!



「「ちょ、はぁああああ!?」」







上手い具合に顔を隠されてはいるものの、あれは確実に香弥だ。

なに?なんで香弥がテレビに映ってるの?なんかやらかしたの、あの子?


正直飲んだくれてて、なにがなんだか分からない。

慌てて右上にでかでかと記された文字を視線で追えば、「合併!komiyama、結城興業」とゴシック調のそれがこれ見よがしに踊っている。






0
  • しおりをはさむ
  • 537
  • 336
/ 404ページ
このページを編集する