サイドキック【完】






「―――化粧してんの久々に見た」

「……入院してたし」

「綺麗じゃん。やっぱ似合う」



――――ドキッ




そんなに真剣味を帯びた瞳で見下ろさないで欲しい。いつも通りにチャラけた感じで茶化してくれたら、こんなに緊張しないのに。

ドキドキと早鐘を打ち続ける心臓が煩過ぎて、嫌でも認識してしまう。コイツは男だ。


そんな奴の瞳を直視できない私は俯くように視線を下げると、もどかしさに慌てる唇をぎゅっと引き結んだりして。

下ろしたままの栗色の長髪に、長い指が差し込まれた感覚をおぼえる。




恥ずかし過ぎて俯いた顔を上げられずに、床を見つめたままの私。

既に僅かしか残されていなかった距離すらも取り払うように、頭部に差し込んだ手でグイッと自分のほうへと引き寄せるヒロヤ。







「! ちょっ、」

「香弥ちゃんやべー、可愛すぎ」

「かわいくない」

「可愛い」

「……かわいくないって……」






頬がヒロヤの胸板にくっ付いている。そこから聞き取れる、奴の心臓の音。

それに安堵するように息を吐き出していれば、クスリと微笑がこぼされたことで私は顔を上げることになる。










 

 

 

 

 










「なに笑って――、」

「はいアウトー。ヒロヤくんの理性崩壊しました」





崩しきった相好で、爽やか過ぎる笑みを浮かべた男は顔を斜めに傾ける。

それが意味することなんて、一つしかないと分かってはいたけれど。









「馬鹿じゃないの」








もう私がそれを拒む理由なんて、何ひとつ残されていないから。










―END―






0
  • しおりをはさむ
  • 532
  • 332
/ 404ページ
このページを編集する