サイドキック【完】







「…………、ごめん」



何だか物凄く悪いことをしてしまったような。

罪悪感に駆られてポツリとそう零せば、思い掛けない言葉が鼓膜を揺らすものだから驚いた。





「別にいいよ。つか、たぶん謝らなきゃなんねぇの俺のほうだし」

「は?」

「あー………、殴らねぇ?」




ちらりと視線を寄越した男を見上げるようにして、視線を持ち上げる。

そんな私を黒髪の間から覗く切れ長な瞳で一瞥した奴は、あろうことか「やべ。ムラムラしてきた」と口にする始末で。






「(今の時点でもう、殴りたいけど)」







でも、そんなことを言ったらコイツは絶対に教えてくれないだろう。

確信にも似たなにかを感じた私は無言で先を促すに留まる。そんな私をミラー越しにおずおずと見詰めたヒロヤは、一言。













「…………倉庫にお前が忘れてったときに、勝手に貰った」

「………」

「………」

「………、何だって?」







「モトはてめぇのモンなんだわ、コレ」

「……つまりは、盗ったと」

「早い話がそ―――」

「降りる」






「婚約破棄だバカ男!!」









シルバーピアスの裏事情

( 仲直りさせますので御心配なく )






彼女だって無くなっても気付かないくらいだから、そんなに思い入れのある品じゃ無かったんでしょうけど。



0
  • しおりをはさむ
  • 532
  • 332
/ 404ページ
このページを編集する