サイドキック【完】

番外編 /家出ですか?宏也さん







「――――香弥」



ああ、もう、慣れない。

切なげな声音に滲ませるように零された奴の台詞に眉を顰めた。無論、照れ隠しで。







「………なに」

「ヤってもいい?」

「な、なにを………」


途端、奴は一度大きく見開いた瞳を段々と細めていく。

なんて白々しい。

分かってる。私はこの男が言いたいことくらい理解しているつもりだ。







だってこのやり取りをするのは、



「なにって、セックス――てぇッ!!!」

「(最後まで言わせてしまった…!)」

「何しやがんだテメェ!!」





今日が初めてでは無く、と言うか数えきれないくらい同じ応酬を繰り返していたから。









0
  • しおりをはさむ
  • 532
  • 329
/ 404ページ
このページを編集する