サイドキック【完】







「―――で、条件は?」



ようやくいつもの表情を取り戻した男は、ちゃらけたように小首を傾げると私の顔を覗き込む。





先ほど私から繰り出した口付けの所為でその唇にルージュが乗っていることを目線で捉え、くすりと笑みを洩らした私は答えるように微笑むと。



「殴らせろ」

「は?」

「だから一発、殴らせろ」









「お前だけ痛い思いしないなんて、私だけ割を食うみたいで嫌だから」


























( この後の結果を知るのはふたりだけ )








―END―








0
  • しおりをはさむ
  • 532
  • 333
/ 404ページ
このページを編集する