年下上司と不埒な契約〜この恋は、期限付き〜

追う年上女×飛び立った年下男 /「あなたをすがらせたかった、」


彼女の言葉に後押しされるように海の向こうに飛んだ。

きっと落ち込んで帰国するだろうが、味方でいてくれる人がいる。そう思うと心も身体も前に進めた。


飛行機やバスを乗り継ぎ数十時間。拙い英語を駆使し、なんとか透子に教えてもらった住所までたどり着くことができた。


日本でいうオフィス街であるここは、イギリスらしい建築物に、活気付いた人々で溢れかえっていた。

雑誌やテレビで見るよりはるかに趣があって、息を呑むほど素敵だった。


樋山くんのいる建物もその中の一つにあった。歴史的で日本なら重要文化財に指定されてもよさそうな建物。

私はそれを眺めながら、口元にキュッと力を込めた。


0
  • しおりをはさむ
  • 1327
  • 11170
/ 399ページ
このページを編集する