年下上司と不埒な契約〜この恋は、期限付き〜

崖っぷち年上女×甘く毒突く年下男 /「俺のこと意識してますよね」





歳をとると時間の流れが速く感じるとよくいうが、それは本当なのかもしない。彼の着任日まであっという間だった。


「みんなもう知っていると思うが、今日付けでここに異動になった樋山くんだ。今日からここの主任を任せることになっている。東雲さん、暫くは同行頼むね」


そう言う課長の隣で樋山くんが頭を下げる。私もはい、と返事をすると頭を下げ返した。その瞬間、誰もが哀れみのような目を向けた。主任補佐へと降格した私に同情しているのだろう。


自分でも思う。30間近で婚約者にフラれ、仕事にも裏切られ。こんな惨めなことはないと。だけど私には仕事しかない。惨めでもすがるしかないのだ。


「それでは今日も1日宜しくお願いします」


課長がそう締めくくると、朝礼は解散となった。各々デスクへつく。私もカチリとパソコンに電源を入れると、承認待ちの書類を手に取った。

自分の仕事以外に部下達の仕事にも目を通さないといけない。これが案外やっかいで、時間を取られる作業でもある。

0
  • しおりをはさむ
  • 1329
  • 11173
/ 399ページ
このページを編集する