その素顔に触れる時〜鬼上司は××上司!?〜

鬼上司現る!?




「乳首が黒すぎて萎える」

「……す、すみません」

「西沢、お前何度言ったらわかる。こんなどす黒いもの見せられて喜ぶやつがどこにいるんだ。とっととやり直せ。10分以内だ」


怒号響く中、私ははい、と小さく言って肩を落としながら自分の席に戻った。

あぁ、これで何度目のやり直しだろう。今日もまた残業決定だな。

ここのところ仕事づくめで、ずっと飲みにも行っていないし、定時なんて言葉はもはや幻。

20代女子がこれでいいのだろうか、と自問自答しながマウスを握った。


それもこれもあの人のせい。だいたい注文が多いんだ。

昨日だって急な仕様変更を言ってくるし、その上オリジナルキャラを夕方までに5体なんて無茶な要望ばかり。まさに鬼だ。



0
  • しおりをはさむ
  • 509
  • 11116
/ 41ページ
このページを編集する