その素顔に触れる時〜鬼上司は××上司!?〜

本当の気持ち!?




「わざわざ来てくれてありがとうね、青葉ちゃん」

「いえ、気に入ってもらえてよかったです」

「まだ時間ある? よかったらお茶でも飲んで行って。おいしいお菓子もあるの」


最初に来た時と変わらない様子で朱音さんはテキパキとお茶の用意をしてくれる。

納品したホームページもすごく使いやすくて素敵だという感想をもらえてよかった。


「京吾、元気?」


ガラス製のおしゃれなティーポットで紅茶を注ぐ朱音さんから不意に出てきたその名前に、体がピクリと反応する。

動揺したことに気づかれていないかとドキドキしながら慌ててはい、と返事をした。



0
  • しおりをはさむ
  • 503
  • 11094
/ 301ページ
このページを編集する