その素顔に触れる時〜鬼上司は××上司!?〜

嵐の夜に!?




「本格的に降ってきましたね」


窓に打ち付ける雨を見ながら、ポツリと言うと、隣にいたユリさんが視線を上げ本当ね、と言った。


「直撃するみたいよ。とてつもなくデカイやつが」

「やだなぁ。まだ仕事全然片付いてないのに」

「でも早めに会社出ないと電車止まるわよ」


ユリさんにそう言われ、そうですよねぇ、とため息混じりに呟いた。



3日前からニュースで言っていた。大型の台風が今夜にも最接近すると。

それでも前もって休めないのが社会人。それに生憎、現場は佳境に入っている。


0
  • しおりをはさむ
  • 503
  • 11095
/ 301ページ
このページを編集する