その素顔に触れる時〜鬼上司は××上司!?〜

鬼上司は実は××上司!?




その日、仕事を終わらせ九条さんと甘い夜を過ごした。

彼に包まれるように眠って、お互いの体温で温め合って、朝日が差し込む彼の部屋で目を覚ました。


「ふふふ、ダメですよ。早く支度しなきゃ遅刻しちゃいますって」


なんて素敵な朝。幸せすぎて怖い。


「やん、くすぐったい」


九条さんて意外と毛深いんですね。


「西沢」

「やだぁ、青って呼んでくださいよ~」

「おい」

「今更照れなくてもいいじゃないですか〜」

「なに寝ぼけてんだよ!」


その大きな声にハッとして飛び上がる。

一瞬何が起こったのかわからなくて、辺りをキョロキョロと見渡していると、鬼の形相の九条さんが見下ろしていることに気が付いて、よだれを拭きながらおはようございますと、小さく頭を下げた。


0
  • しおりをはさむ
  • 503
  • 11095
/ 301ページ
このページを編集する