その素顔に触れる時〜鬼上司は××上司!?〜




しばらく立ち直れなかった。

だが睡魔には勝てず、厚かましいと思いながら九条さんのベッドに潜り込んだ。

その瞬間、九条さんの匂いに包まれ、まるで抱きしめられているような、そんな感覚になった。


夜中は風と雨の音で何度か目が覚めた。

そのせいか、はたまた九条さんの匂いに包まれているせいか、変な夢を見た。


九条さんがベッドにきて、キスをしてきた夢。

命令口調でいつも怒ってばかりの九条さんのキスは、優しくて甘い大人のキスだった。

夢うつつの私は、明日どんな顔して会えばいいの?なんて考えていたけど、夢なのだからそんなこと考える必要ないかと、彼のキスを抵抗もせず受け入れた。


夢に出てきた九条さんは優しくて、笑っていた。いつもあんな風だったらいいのに。


……なんて考えているうちに、深い眠りに落ちていた。



0
  • しおりをはさむ
  • 508
  • 11116
/ 41ページ
このページを編集する