その素顔に触れる時〜鬼上司は××上司!?〜

鬼のヒーロー!?


ーーーーーーーーー

ーーーー……



「西沢ーっ!!」

「は、はいぃぃい」

「なんだこれは! なんか書いて出せばいいってもんじゃないんだよ!」

「す、すみませんー!」

「すぐにやり直せ! 今日は帰れると思うなよ!」


昨日の優しかった九条さんが幻だったのだと判明したのは、翌朝すぐだった。

時刻は朝4時。

今から出て来いとみんなに電話をかけまくり、こんな時間に集合させた彼はやはり鬼だ。


「西沢! それが終わったらバナーのデザイン案、100個出せ!」

「ひゃー! はいーっ!!」

「真壁! 画面のレイアウトはどうなってる! ちんたらすんな!」


そしてなぜか真壁くんにまで火の粉が飛んでいるという。

あぁ、ちょっと見直した私がバカだった。夢だけど、あのキスを返せーっ!!



0
  • しおりをはさむ
  • 503
  • 11096
/ 301ページ
このページを編集する