君と明日を駆ける

プロローグ



その遺影には見覚えがあった。


去年キャンプに行った時、二人で撮ったものだ。

彼女は今、その写真の前で立ち尽くす私を、どう思っているのだろう。どうして早く来てくれなかったの? って怒っているのだろうか。


だけどいくら想像しても、花が咲いたように笑うその写真からは、彼女の気持ちを知ることはできない。


わかるのはもう二度と、楽しかったあの頃には戻れないということ。

どんなに謝ったって、届かないということ。


制服に身を包んだ私は、膝から崩れるようにその場に泣き伏した。


0
  • しおりをはさむ
  • 39
  • 11094
/ 213ページ
このページを編集する