君と明日を駆ける

3.Flashback



「いよいよ明日は体育祭だ! お前ら気合入れて頑張れよ」


帰りのHRで新がやる気に満ちた顔で言う。

2週間という短い期間で準備に練習に大忙しだったが、それもあと少しで解放されると思うと正直ホッとする。みんなみたいに勝負にこだわることも、今はどうでもいい。

息をひそめるように、あまり誰とも関わらず学校生活を終えるのが今の目標だから。


「今日は早く帰ってよく寝ろよ! じゃあ解散!」


新がそう締めくくると、みんな一斉に立ち上がり部活の準備を始めた。こんなときでも休みなんてものはない。

そんな中をすり抜けるように一人教室を後にした。


0
  • しおりをはさむ
  • 38
  • 11075
/ 213ページ
このページを編集する