君に贈る恋のうた。【完】

「9th_song」 /杏璃side






結局テレビはつけなかった。


直前まで悩みに悩んだあたしだったけど、ベッドに横になっていたせいで眠っていたらしく、目を覚ました時にはとっくに夜になっていて少し焦った。


けど、その方が返って好都合だったと自分を無理矢理納得させた。




それに、もし蘭子さんが見るなと言った番組が記者会見なのだとしたらその後のニュースや報道はゆづとカオリさんでいっぱいだろう。



今テレビをつけたって同じこと。



画面に映るゆづとカオリさんのツーショットを見てあたしはまた勝手に落ち込むに決まってる。



あたしはこれからもゆづを、カオリさんを、避け続ける。



  • しおりをはさむ
  • 824
  • 361
/ 355ページ
このページを編集する