落ち武者T ふらり世界放浪記

9Dolphin Streetの夜

イギリスにて。


9Dolphin Street それが、良い意味でも、悪い意味でも、いろんな思い出の拠点になった住所だった。


得体のわからぬアジア人である僕、同僚の、アメリカはオハイオ出身の黒人、エドワード。


そして、我々のクライアントでもあり、精神患者でもある生粋の英国人、クリス。


その三人がひとつ屋根の下暮らしていた。


我々三人組はそのスラム街で少しは有名だった。


もっとも、クリスの暴走、それを必死で止める外国人二人組。


その絵は、目立ってシカルベキであったであろうが・・・



思い出の一つに「クリス 真夜中の襲撃未遂事件」と命名した事件があった。


それは、僕がアシスタントとして働き始めて、まだそれほど日がたっていない頃だった。


0
  • しおりをはさむ
  • 10
  • 0
/ 54ページ
このページを編集する