プラスチックエリア【完】(オリジナルバージョン)

HAPPY SKY 2 /omi 8

「では、最後の発表になります。年間音楽大賞……男性部門は」


ベタベタだけれど、発表をすぐにせずに引き伸ばしながらライトが会場を回る。


「……プラスチックエリア『カスタム』です! プラスチックエリアの皆さん、どうぞステージに!」


 女子アナがそう読み上げるとキャーっと歓声があがりオレ達はステージに上がった。

 おそらくすごく偉い人らしいおじさんからアニがトロフィーを貰って、大きな拍手を浴びる。


「おめでとうございます!」

「ありがとうございます! ファンのみんなや僕らを支えてくれたスタッフや沢山の人たちのお陰です」


ジンちゃんがそういうと悲鳴のように歓声が響いた。


司会のサポートしていたアイドルグループの男の子たちが言った。

「この曲は、プロモーション用のミュージックビデオもすごく話題になりましたもんね」

「再生回数が半端じゃない数でしたよね」

「そうですね、プラエリがちょうど3年目の節目なので何か改革というイメージでいいモノが出来上がってよかったです」

「ぼくらも見させてもらいましたけど、マジでかっこよかったです」

「ありがとうございます!」


盛り上がる会場はもうテンションがMAXだった。

0
  • しおりをはさむ
  • 2669
  • 5857
/ 767ページ
このページを編集する