溺愛のお姫様【完】

第六章 /手始めに ~○○side~

「ねぇ」

「はい、お嬢様」

「まだなの?」

「何分厳重にガードされておりまして、もう少しかかるかと」

「早くしてよ。」

「畏まりました。」

はぁ、とため息をつく。

……なんなの、あの女。絶対に許さない。

「お嬢。」

「……なに」

「これらしか出てきませんでした。これ以上は向こうにバレてしまいますので……。」

0
  • しおりをはさむ
  • 409
  • 10179
/ 323ページ
このページを編集する