好きと言って、キスをして。

終わりの足音 /スーパーマン


もう、いい。

グイッ。

グラスの中身を、一気に流し込む。

「おいおい。大丈夫かよ」
「……おかわり」

「伊織ちゃんお酒強いんだ!のものも!」

茉里奈さんの声も、
いつまでも続く二人の馴れ初めや普段の会話も全部聞きたくなくて。

「おい、悪酔いすんぞ」
「ほっといてください」

強くもないくせに、
運ばれてくるお酒を、ひたすら体に流し込んだ。




0
  • しおりをはさむ
  • 32
  • 12
/ 272ページ
このページを編集する