好きと言って、キスをして。

この恋を抱きしめて





愛の言葉も、恋人の肩書きも、永遠の誓いも

何もなく、始まった恋。

あなたさえいればいいと、心から思った。


あなたの匂いを胸いっぱいに吸い込んで

その胸の音を聞いて眠れたらそれでよかった。


でも、私は欲張りだったから。

それでもいいと思った恋は。

それだけじゃダメな恋に変わった。


たくさんの愛を望みすぎたから
私の恋は、許されなくなった。


だからもういいよ。
もういいから。

せめて一度だけ、あなたのありったけの愛で

この恋ごと、抱きしめて欲しい。



  • しおりをはさむ
  • 32
  • 13
/ 272ページ
このページを編集する