好きと言って、キスをして。

bitter sweet /上書きウーロンハイ



「……かーわいいっ!真っ赤になっちゃったよ伊織ちゃーん」

一瞬だけ触れ合った唇。

そっと離れて、目が合って。

南さんに言われなくたって、自分が真っ赤になってることくらいわかる。

どうしようどうしようどうしよう。

英二さんと、キス…しちゃった…。

頭が真っ白なわたしとは対照的に、
英二さんは、

「こんなのはキスに入んねーなぁ」

なんて言って、南さんと笑っている。

…そっか。

そうだよね。

ちょっと掠めた、くらいだもん。

英二さんが、ドキドキするはずもない。

見せつけられた大人の余裕に、ひどく胸が痛い。

「あは。どうしよう、英二さんとちゅーなんてしちゃったよ〜」

お酒を飲んでいてよかった。

大丈夫、笑って誤魔化せる。

「これで、亮太のキスもチャラだな」
「そうだね」

それから、何事もなかったようにお酒を飲み続けた。

0
  • しおりをはさむ
  • 32
  • 12
/ 272ページ
このページを編集する