好きと言って、キスをして。

愛を選ぶということ /そばにいたいから


「98、99、100、、、」


とうとう貯まった。


「ママ!ねえママ!!」
「なに、声おっきい」

「見てこれ!ねえ!」
「だからなに!」

「貯まったの!100万!!!!」
「え!嘘!」

「数えてみて!あるから!」

隣で、諭吉さんを数えるママ。

私はそれをじっと見つめる。

「………97、98、99……100…」

「ねっ!?あったよね!?」
「あった。あんた本当に貯めたの?」

「貯めたよ!」

念願の100万円。

高校生でバイトを始めてから今までの2年間。

コツコツコツコツ。

高校を卒業したら一人暮らしがしたい。
ずっとそう思っていた。

でも、そんなことできるはずないとママは大反対。

せめて二十歳までは実家にいて、お金をためなさい。
100万円貯められたら、考えるから。

ママのその言葉を信じて、必死に貯めた100万円。

「一人暮らし、していいよね?」
「・・・パパと、相談します」

0
  • しおりをはさむ
  • 32
  • 12
/ 272ページ
このページを編集する