【重要】リニューアルのお知らせ

BOOK機能の仕様変更に関して必ずご確認ください!
詳しくはこちら


人魚王国物語

人魚王国物語

木曜日のプラナリア
その他 17ページ(連載中) 7238字 更新日 2020/02/03 読者 66人 公開 0 0

あなたはバスソルトを山のように湯船にいれる人を見たことがありませんか?

賢いのにライターの火に驚くような、なんだか常識が抜けているような人を見たことはありませんか?

海が好きなのに泳がない人。

こんなはずじゃなかったとそっと呟いている人。

ユーモアがあって、温かい食事を好む人。

その人が泣いた姿を誰も見たことがない人。


もしかしたら人魚かもしれません。
でも恐がらないで下さいね。
気味が悪いなんて言われたら辛いんです。


人は自分がよく知らないことを嫌うといいます。
偏見がなくなればとの思いで人魚はこの物語を出して良いと言ってくれました。

ここまで読んでまだ怖かったらぜひ本編を読んでください。
未知じゃなくなれば怖くなくなると思います。


世界中の人が目にするインターネット。
そのなかで、人魚を理解してくれるあなたと出会えたことが光栄です。





  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 1
  • 1
このページを編集する