Your Light ① 【完】

>>第3話 />ファンは怖いよ








ーーーーーーーーーーーーーピピピピッピピピピッ




無機質な音で目が覚める。




「んん〜」



布団から腕を伸ばしてカチリ、目覚ましを止める。



頭に響く。完全に寝不足だ。



まだ起きたくないと身体も脳も訴えてるけど、起きないと学校に間に合わない。動きたくないなぁ。




布団から出ようとして、身体を動かすと。動かない。ん?




隣には波瑠。




「わ!!なんで?!あ、そうだった!」





私をがっちり抱き枕かのようにがっちり抱きしめられているせいで、身体の自由がきかない。




一瞬忘れていて、驚いてすぐに思い出す。



そうだった一緒に寝たんだった...。





「んーー。もう朝かよ」


「うん、起きて?そして、離して?」





両腕で必死に、波瑠の胸を押して離れようとするけど全く動かない。少しも動かない。



さすが男だ。



0
  • しおりをはさむ
  • 169
  • 35
/ 291ページ
このページを編集する