Your Light ① 【完】

>>第3話 />マリア







視線が痛い。視線が私に刺さる。



どこから?




後ろから。





「しゅ、瞬?そんなにずっと私を見なくてもいいんじゃない?」


「目離したられいちゃんは、すぐどっかに行っちゃいそうだから!」


「離れないよ?たぶん」




後ろを振り向けば、やっぱり私に穴があくんじゃないかと言うくらい見つめる瞬。



本当に背中に穴が空きそうだ。




「だってさぁ、トイレとかどうするの?」


「俺も行くよ」


「即答されてしまった」


「したい時は言ってね?」





私がさっき思っていたことは的中してしまった。



まさかトイレの度に瞬に「トイレ行こう?」って言って2人でトイレに行くの?!



そ、そんなのやだ!




「トイレくらい1人で行けるよ!着いてきてもらうのは申し訳ないよ本当に!」


「れいちゃんはそんなこと気にしなくていいから」




天使の微笑みをされても、なんだか罪悪感に苛まされる。どうしたものか。


0
  • しおりをはさむ
  • 170
  • 35
/ 291ページ
このページを編集する