修羅の獄界

第三章 理想のため /信長のしてきたこと……

土田御前との対面が終わって三日ほどしたある日、私は稻生原という場所を馬廻衆と光秀、ヒヨシを引き連れて散策していた。


聞くところによると信長は尾張の国中のいたるところで馬廻衆を敵味方に分かれさせて戦の訓練をしていたという。


それこそ一カ所に留まらずに一日に二回も三回も場所を変えて繰り返した。


私は信長が尾張での合戦を想定してあらゆる地理を頭に叩き込ませるために訓練していたのだと思った。



尾張の国での合戦……


それは信行派との合戦を想定してだろうと思った。


私も信長と同じように合戦に使える場所がどういうところなのか頭に叩き込まなくてはならない。




0
  • しおりをはさむ
  • 197
  • 65
/ 289ページ
このページを編集する