修羅の獄界 転生篇

第五章 別れと未来 /不穏な報せ

方針は決まった。


信行の赦免を受け入れることを村井貞勝と島田秀満に告げる。


「此度の謀反、誠にもって許し難い行為である。が、これ以上織田家を割って争うことに一分の理も非ず。よって織田信行はじめ林秀貞、柴田勝家、他挙兵に加わった者を赦免する。以後、この信長に忠勤を励むよう伝えよ」


「かしこまりました」


この頃になってようやく私も織田家の跡取りらしく喋れる術が身についていた。


もちろん気心が知れる相手の前では今までのように砕けた口調だけど。



「あと、これがもっとも重要で大事なことだが……」


私は膝を立てて近寄ると、貞勝と秀満の二人の顔を見た。


「大事とは?」


貞勝が神妙な顔で問う。



0
  • しおりをはさむ
  • 220
  • 66
/ 316ページ
このページを編集する