修羅の獄界

第一章 死と誕生 /殺さない選択……

「さっきの要領で手早く鉄砲を交換していくよ」


「はい」


女の子に告げると狙いを定める。


まず撃たなければならないのは弓を持つ者二人。


相手の飛び道具を封じればこっちが有利になる。


ドーン!!


轟音と共に弓を持つ野武士の一人が血を噴いて地面に倒れた。


素早く身を隠す。


「鉄砲だ!!」


「どっから撃ってきやがった!?」


混乱する野武士。


その間に鉄砲を交換すると、立ち上がり鉄砲を構えた。


「あそこだ!山の斜面!」


「弓で撃て!ここからなら届く!」


弓を持った二人が私に向けて狙いを定める。


0
  • しおりをはさむ
  • 196
  • 65
/ 289ページ
このページを編集する