修羅の獄界 転生篇

第二章 異なる世界 /織田家の事情

この世界での私はどういう立場に置かれているのか?


突然やってきて右も左もわからない私だったが、いろいろと教えてもらっているうちになんとなく自分が置かれている状況がわかってきた。



そこには私の家族が密接にかかわっている。


まず、尾張の国を治める織田信秀、こっちの世界での私の母親になる。


この信秀が三年前、夕食後に急死した。


原因は分からず、食あたりによる中毒死ということで織田家では処理された。



少なくともここで一番偉い人が死んだのだから、しかも原因不明ときたらもう少し大事になるんじゃないかと思ったが、私には想像もつかない事情とやらがあったらしい。



というのも信秀が美濃の斉藤氏、駿河の今川氏といった境を接する両国にたて続けに負けてしまったことが人望失墜を招いてしまったのが一つ。



そしてここからが直接私に関わってくるのだが……



0
  • しおりをはさむ
  • 226
  • 66
/ 316ページ
このページを編集する