後ろの席の彼 [完]

おまけss /初デート!

最初は、緊張していたものの、

涼君と達也君はすごく面白くて、

中学のときの話を聞かせてもらいながら、ご飯を食べ終えたときには、すっかり打ち解けてた

色々と多田君のこと聞けてよかったなーと思ってたら、

前の席の涼君の袖がソースに付きそうなのに気づく

「あっ、涼君!袖にソースが!」

と言いながら、袖のすそを手で掴む

  • しおりをはさむ
  • 1417
  • 1220
/ 466ページ
このページを編集する