野獣の恩返し【完】



あーあ、そんな顔して・・・


目の前の佐川君がかなり引きつってるじゃない

なんで猫舌なのにそんなの頼んじゃったの・・・

と、内心ため息をつきながらも

その不機嫌さは、ハンバーグだけじゃないのも分かってるから

自分のグラスを手に取ると、その人物に声をかけた


「勇太、ドリンクバーに行ってくるけど、何か入れてこよっか?」

すると勇太は無言のまま立ち上がり、そのままドリンクバーにスタスタと歩いて行ってしまった


一緒に行くってこと、ね・・・

  • しおりをはさむ
  • 1888
  • 1220
/ 463ページ
このページを編集する