ゲームのような恋に実は憧れているとは言えない。

はじまり /桃色



入学してから1ヶ月。


軽音楽部で私は、
悪戦苦闘していた。


「愛ちゃん、ちょっと早いよ」


カラオケでしか、
歌った事がない私は、
エコーの掛かってない自分の声と、
みんなの演奏とで、


全然歌えなかった。



ギターがこういうフレーズを弾いている。とか、
ドラムのビートがどうとか、


初めて音楽を深く知った。



「まだ1ヶ月だし、ゆっくりやっていこう。」

「いつかライブ出来たら良いね。」



私は、かなり歌えないことに戸惑っているのに、
みんなは、遠い未来の話をしている。



(私もいつかそう思える日が来るのかな)
今は、自分の中で、上手く歌えないことが辛くて、
楽しむ余裕なんかなくて、今すぐ逃げたい。
そんな風に思ってしまうことがある。



0
  • しおりをはさむ
  • 0
  • 0
/ 13ページ
このページを編集する