狼零 黒月さんの作品一覧

NO.17/666

狼零 黒月
6ページ(連載中) 2549字 更新日 2019/04/24 読者 45人 公開

紅く輝く月の元で出会ったゼノと彪は似た者同士。重ねていく言葉は刃となり互いに傷を作っていくだけ。それでも惹かれ合いながら、すれ違う。切ないダークラブストーリー。

黒翼

狼零 黒月
15ページ(連載中) 6822字 更新日 2019/10/02 読者 768人 公開

“鴉”と呼ばれるようになった高校生の悠。鋭く、黒く光る瞳はまさに鴉そのもの。黒い翼は広げることはなく羽ばたくことさえない。孤独の中で生きていた鴉が求めるものは_

貪戻

狼零 黒月
22ページ(完結) 9308字 更新日 2016/09/17 読者 3446人 公開

貴族の中で行われた人身売買。女は男に買われた。男の愛情表現、それは本当に愛と呼べるものなのか?『例え歪んだ愛だとしても…』(ゆう様主催雨音企画)

零度の華 Ⅲ

狼零 黒月
21ページ(連載中) 10450字 更新日 2019/08/11 読者 3806人 公開

世界を騒がした零(ゼロ)が警察の檻から脱獄した。再び世界に恐怖が訪れる。帰ってきた彼女の目的は?空気を吸った彼女が抱くことは?そして、彼女が求むものは?

疑問

狼零 黒月
4ページ(完結) 996字 更新日 2016/09/19 読者 484人 公開

何故?どうして?そんな疑問ばかりが生まれる。果たしてそこに答えがあるのか…。

それは鎖のように

狼零 黒月
10ページ(完結) 2035字 更新日 2016/05/25 読者 1629人 公開

愛し、愛され。そのカタチは人それぞれ。

息絶えたカナリアの涙声

狼零 黒月
11ページ(完結) 3127字 更新日 2016/04/11 読者 245人 公開

突然、目の前に黄色いカナリアが現れた。一体カナリアは男に何を伝えたかったのか。そして、男がカナリアに伝えられたものとは..........

確かなもの ~Correct or Mistake~

狼零 黒月
21ページ(完結) 9149字 更新日 2016/09/19 読者 387人 公開

逢坂上都様主催私立緑山高等学校企画、高校、1-4

オペーク世界に陥って

狼零 黒月
61ページ(連載中) 30769字 更新日 2019/08/02 読者 354人 ファン限定公開

オペーク、それは不透明や不明瞭、曖昧といった意味を持つ。彼女等の歩む道に意味は存在するのか。そして、彼女等を陥らせる恐怖とは、一体何なのか。

零度の華 Ⅱ【完】

狼零 黒月
421ページ(完結) 151101字 更新日 2019/08/11 読者 17846人 公開

氷に包まれた花はやがて散った。彼女の髪は綺麗な銀色。彼女の瞳は闇の色を映す。彼女の心は、ここにあり。世界は恐怖から解放されるのか?

零度の華 Ⅰ【完】

狼零 黒月
330ページ(完結) 113069字 更新日 2019/04/14 読者 34330人 公開

氷に包まれた花は散ることはない。彼女の髪は何に染まるのか。彼女の瞳には何が映るのか。彼女の心はどこにあるのか。 暴走族/殺し屋/零度の華/警察

このページを編集する