NO.17/666

狼零 黒月
恋愛 6ページ(連載中) 2549字 更新日 2019/04/24 読者 50人 公開 0 0






出会いは赤く光る月の下。

異様な出会いの中で、月よりも美しい瞳を持つ彼に私は惹かれた。





決して交わることは許されない。


それでも、彼と出会った形を残し、私の中に刻むことが出来るのならばそれだけで何も要らない。


  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 0
  • 345
このページを編集する