無気力女とワンコ総長




ダメだダメだ。
こんなことしてる暇ない。早く帰ろう。


机に伏せていた顔を上げて
シャーペンを持つ。

さぁ続きを書こうと思って
ふと日付に目がいった。


「そういえば、明日で付き合って一週間だ」


もう一週間。早いなぁ。
今日は悠が先に帰っちゃって言いそびれたけど
ちゃんと明日自分の気持ちを伝えよう。

悠はたくさん伝えてくれたんだから
ちゃんと私も悠に伝えよう。


チラリと悠にもらった
激甘ジュースを見て
「よし」と気合いを入れて
日誌の途中を書き始めた。


上手くは伝えられないかもしれないけど
悠ならちゃんと私の言葉を
上手に受け取ってくれるはずだ。





そう思っていたのに


「ごめん、別れて」



どうして?



to be continued…

0
  • しおりをはさむ
  • 558
  • 8244
/ 325ページ
このページを編集する