君が想うより、ずっと ⑴【 編集中です】



「待たせたな」
「やっときた…どんだけ時間かかってんですか」

エレベーターを開けて待機していた長谷川に嫌味を言われる。
俺がエレベーターに入ると、長谷川が扉を閉めて会議室のあるフロアのボタンを押した。

「…なぁ、長谷川」
「なんです?」
「俺は子供っぽくて犬っぽいか?」
「頭でも打ちました?」

打ってねぇよ。人が真剣に言ってるのに、笑顔でスルーしようとするんじゃねぇ。

「しかし、興味深いですね。社長のことを子供っぽくて犬っぽいだなんて。冷酷無慈悲な悪い大人なことをお教えしないと」
「やめろ。零の中の俺のイメージを壊すな」

さっきそのおかげで零から頭撫でてもらえたんだからな!

長谷川と喋っているうちにポーンと音が鳴った。
エレベーターから出て、会議室へと向かう。

0
  • しおりをはさむ
  • 637
  • 8312
/ 516ページ
このページを編集する