君が想うより、ずっと ⑴【 編集中です】



私はどうしたいんだろう。

傑が好きだから。ただ、それだけ?
そうじゃない。
傑を私だけのものにしたい。傑が欲しいんだ。
私だけを特別に思ってくれるのは、妹としてじゃない。女としての私だ。

遅かれ早かれ気持ちを伝える日が来るのなら。
せめて、長い時を過ごしてお互いの傷が深くなる前に確かめた方がいい。

傑が少しでも私のことを女として、好きになってくれる可能性があったとしたら、絶対に離れない。
でももし。
可能性がないなら、ちゃんと諦めよう。
傑の傍から離れて妹として傑のことを見れるまで、どれぐらいかかるかわからないけど。
見れるようになるまでは会わない。

家族なんだから、会わなきゃいけないときもあるかもしれないけど。
距離を保てば大丈夫だろう。

その決意を胸に抱いて、傑に聞いた。
私のことが好きか…と。


0
  • しおりをはさむ
  • 637
  • 8320
/ 504ページ
このページを編集する