パラレルワールド―星の記憶―② (シーズン4)

4-2【ミランの生い立ち】

4-2【ミランの生い立ち】

「ねーねー流伽ぁ~明日うち来ない?」

「なに?唐突にっ」


「杏里ちゃんが
なかなか誘いに乗って来ないから

流伽の事だしに使っちゃった


見てよこれっ!杏里ちゃんたら
こんな変なスタンプ送ってくるのっ!」


と楽し気に僕にその画面を見せてくれた


ははは、なんかすごいスタンプ・・・


「ミランはいったい何を企んでるの?」


「これまだ内緒ねっ!
杏里ちゃんはわたしの妹になるのっ!」


「ふ~ん、そうなの」


僕はミランの突拍子もない発言に慣れていた


「あ~また変な事言ってるって
思ってるでしょ~」


「思ってないって、
ミランが言ったことは現実になるからね

僕はそれを何度も見てるし」

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 2
/ 120ページ
このページを編集する