パラレルワールド―星の記憶―② (シーズン4)

4-8【音葉の正体】

4-8【音葉の正体】

気付くと彼女が消えていた


「音葉はどうした
もうすぐ宗太郎が来るんじゃ」


爺さんは席を立ち慌てた様子でそういった


「彼女は今時空の間に居ます

私はすべてを思い出した

ジョジ殿これはいったいどういうことか
説明いただきましょうか」


ポチは爺さんのことをジョジと呼んでいた

『あの星』の名前なのか


爺さんの顔色がみるみる青ざめていた


「わしはっ・・・わしは・・・」


そういうとその場に倒れて
意識を失ってしまった


90近い年齢もそうかもしれないが

この出来事が爺さんにとって
かなりのダメージだったようだった


救急車が到着したころに

ちょうど宗兄が来て
彼は病院へ付き添っていた

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 2
/ 123ページ
このページを編集する