K&I

K&I /彼女






夏休みが終わるとすぐに体育祭と文化祭の準備が始まった(私達の学校は2日でどっちもする)。


私達のクラスは迷路をするらしく、お盆が終わったくらいからクラスで集まって準備をしていたらしい。


私、そんな話聞いてないし。
Kは知ってたのかな。


ま、いっか。


どうでもいいや。


そんな訳で午前は授業、5限は体育祭の練習で、6・7限は文化祭準備だ。


もう9月になるというのにこの暑さ。
炎天下の中でのダンス練習はキツイ。
日焼けしたくないのに。


日焼け止め塗っても汗で落ちるし、塗りなおす時間無いし。
最悪だ。


5限は嫌だったけど、残りの2時間は最高だった。


クラスの中心的存在とその仲良しの人たちが迷路作りをするから、私は涼しいエアコンのかかった教室で何もしなくていい。


なんて楽なんだろう。


文化祭準備は制服じゃなくてもいいから体操服でしてる人が多い。


なんだかみんな、やる気モード。


なんでそんなに盛り上がってんの?
めんどくさいだけじゃん。




「藍崎さーん」




本を読んでいると、隣の席の人に声を掛けられた。


2学期の席替えで、また隣の席。
嬉しいような、嬉しくないような…。


0
  • しおりをはさむ
  • 543
  • 297
/ 623ページ
このページを編集する