K&I

K&I /墜 ち る






11月下旬になった。


つまらない日々が続き、そういえばこれがいつもの私の生活だった事を思い出した。


友達もいない、話す人もいない。


本ばかりを読んで過ごす日々。


でもそれは学校での生活で、放課後のスケジュールは少し変わった。


物置部屋に行かない代わりに、Kの部屋に行くことが多くなった。
メールも電話も前より頻繁にしてる。


Kが会いたいと言えば会いに行くし、電話が来れば出るし、メールも返信する。


この学校での間を我慢すればいいんだ。


終礼が終わって少しすると携帯のバイブが鳴る。
メールだって事もKからだって事も分かってた。


内容も分かってるけど、一応開く。




『今日、おいで』




毎回のやり取りにメールする必要は無いんじゃないの?って思いながら私も同じように『うん』と返した。


このことにユリは気が付いてるのか分からないけど、Kと私の時間をこれ以上奪われたくないし、邪魔されたくない。


0
  • しおりをはさむ
  • 543
  • 298
/ 623ページ
このページを編集する