K&I

おまけ /⑥





「ねぇ、藍崎さんと佐倉くんが付き合ってるって、本当?」


「……」




大学のカフェテリア。
同じ学部の女の子が私に尋ねてきた。


髪はボブっぽくて、まつげがくりんと上がってて、大きな瞳にぷるんとした唇。


そう————彼女は、今年入学した中で人気がある子だ。


なんで彼女が私にそんな事聞いてきたのかは分からない。
ってか、今初めて声をかけられたし。


入学式の時にちらっと見た程度で、彼女と私は一切関わりはない。


…なんでそんな子にそんな事を聞かれなくちゃいけないんだ。




「……本当だけど」




本を閉じて、彼女を見上げて答える。
大きな瞳が上から私を睨みつけて怖い。


だけど、私はこんな目よりも怖い思いを高校の時にしてたから、たいしてそうは思ってない。




0
  • しおりをはさむ
  • 543
  • 297
/ 623ページ
このページを編集する