ナイショの恋は、あのねのね【完】

11.ナイショの真実





「……お父さん、って」


「うん」


「……私の?」


「そう。呉羽のお父さん」



理解が追いつかない私の途切れ途切れの言葉に、八尋くんはまっすぐはっきり答えをくれる。


お父さん。


その単語を、自分の父を表すために口にしたのはいつぶりだろう。



「どうして八尋くんが……?」


「……」


「私のお父さんがどんなことしたか知ってる……?」


「……知ってるよ」


「……」



未だに八尋くんが言ってることは現実感を帯びなくて。


信じられない気持ちのまま、私は次の言葉が出なくなる。


だって何を言っていいのか正直分からない。


どうして、私のお父さんのことを八尋くんが知っているのか、なぜ関わりがあるのか。


そしてなにより。


会いたがってるってなに。



「……俺の父親が弁護士ってこと知ってるよね?」


「……うん」



尋ねられた言葉に思い浮かんだのは、優しそうな中西さんの顔。




0
  • しおりをはさむ
  • 390
  • 8400
/ 360ページ
このページを編集する