ナイショの恋は、あのねのね【完】

6.ナイショの呼び名




「呉羽、これってここに置いておけばいい?」


「手空いたんだけどなんかやることあったら教えてー」


「そういえば呉羽がまとめてくれた学園祭の資料、すごい分かりやすかった。ありがとう」


「なあちょっといい?」


「呉羽」





「……ねえ、なんであんなに八尋くん、薮下さんに懐いてるわけ?」


「意味わかんない」


「薮下さんがどういう人が知ってるよね?」



若干こちらを睨みながらこそこそ話している女子達にため息をつきつつ、またもや現れた八尋くんに呆れた視線を向けた。



「ん?なに?」


「……転入してきたばっかりなのに、人気だなあって思って」


「俺が?そう?」



目をぱちぱちさせて不思議そうな顔をする八尋くんは、思ったよりも鈍感なようだ。



「……友達なるのやめた方が良かったかも」


「なんか言った?」


「イエ」



0
  • しおりをはさむ
  • 385
  • 8224
/ 360ページ
このページを編集する