Two targets ㊤ 《完》


「そいつにもお前くらい腕のあるハッカーを雇う頭があれば、俺のセキュリティーにも忍び込めたかもしれないがな」


くくっと笑う芹澤仁を見ながら、一体、どんな知り合いよ?と顔をしかめた。


「……あたし、帰る」


これ以上ここにいると、知りたくない犯罪の話に巻き込まれそうだと思い、あたしはソファーから立ち上がった。


そんなあたしをもう引き留めるようなことはしなかった。


「また、抱き枕なりにこい」


でもやっぱり性格は悪い。

  • しおりをはさむ
  • 204
  • 18213
/ 302ページ
このページを編集する