Two targets ㊤ 《完》

1GAME―『shadow』― /―――興味



―――――――――
―――――…


繁華街のほぼ中心に位置するビルの一室で、2人の男が話をしていた。


1人は、机の前の1人掛けのソファーに腰を降ろして、机の向こう側で立って報告をする男の話を聞いている。


「……それで、捕まえたのか?」


座っている男が顔を上げながら低く尋ねた。


その顔は、恐ろしく整っていて、後ろに撫でつけられた黒髪が一筋額にかかる様子は、なんとも言えない色気を出していた。


見るものをひざまずかせるような威圧的な空気を纏い、王者のように君臨する。

0
  • しおりをはさむ
  • 194
  • 16816
/ 302ページ
このページを編集する