Two targets ㊤ 《完》

形の良い薄い唇が下りてきて、キスの合間に呟く。


「咲……」


かすれた声。


「あ……っ」


繰り返される動き。


あたしは無我夢中でしがみついた。


「じ…ん……仁……っ」


意識を飛ばすその瞬間、


「そうだ…。お前は俺のことだけ考えていればいい…」


低い声がそう囁いた。

0
  • しおりをはさむ
  • 204
  • 18055
/ 302ページ
このページを編集する